« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月23日 (月)

小林カツ代野菜練習帳

「小林カツ代野菜練習帳」 家の光協会 ; ISBN: 4259539795
を愛読(愛用)している。

この本を紹介するにあたって、悲しいかな書かなければいけないのが、「ごく最近まで、料理のための野菜の下ごしらえがよくわかっていませんでした」ということである。

本当は隠しておきたいことだが、なぜ、この本を購入したかという理由を書かなくてはいけませんから。

野菜が食材の中でも大好きで、家で料理する時もたくさん使いたいと思っているのだけど、どうも同じような料理ばかりになっていた。実は野菜の扱い方(特に切り方)がよくわかっていなかったからだとは気がついていた。

千切り、みじん切り、櫛切り、小口切り、短冊切り、いちょう切り、、、

どれもこれも、こんな感じ?で済ませていた。

ある日、何のテレビ番組だったか忘れたが、有名な和食の料理人が、「丁寧に作業すること。ただこれだけで、料理の出来上がりは格段によくなります」と言っていた。

実は、料理だって基礎が大事という事には、しっかり気がついていたのだが、「今さら聞けなーい!」 この気持ちが邪魔をしていて、ちゃんと人に聞いたり、調べたりしていなかった。でも、この言葉を聴いては、さすがにちゃんと解りたいなと思った。

そこで、新宿の紀伊国屋で、そんな基礎本あるのかな?と思いつつ料理本コーナーに行ってみると、なーんだ、たくさんあるじゃないですか。料理人を目指す人向けから、子供向けまで、料理のイロハを教えた本は色々と出版されています。私だけが、ダメダメじゃないんだと都合よく解釈して、自然と気持ちが上向きに。

小一時間、吟味した結果、この本が今の私にはベスト入門書だと思い購入。約、半年前に購入したのだが、とても重宝している。

野菜の処理の仕方(特に切り方)の手順一つ一つに全部写真がついている。野菜を洗っている写真さえある。そして、その写真がとても見易くレイアウトされている上に、野菜の写真がみずみずしく美しく撮られているので、見ているだけで料理したい気持ちになってくるのが嬉しい。実際に、この本を購入してから、それまでより野菜料理を、よりつくるようになった。

もちろん、ちゃんと基礎ができている方には、当たり前すぎて全く必要が無い本だと思うが、密かに、「野菜の扱い方をちゃんと知りたいなあ」と思っていらっしゃる方には、お薦めしたい一冊。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月18日 (水)

次はピェンロー鍋

”基本的に”自分の家に友達に御飯を食べに遊びに来てもらうのが好き。

”基本的に”には
「でも、自分がずっと台所に立っていておしゃべりに加われないのはつまらないからイヤだ」
という思いが込められている。

もし、私のアパートの台所に十分なスペースと道具と食器があったら、友人が来る前に
料理を作っておけばいいのだけど。
私のアパートは狭々1Kで、シンクの前で伸びをして腕を回したら後ろの壁に激突して指を骨折する。
コンロは2口あるが、料理スペースもまな板一枚置いたら、ボールさえも置けない。
食材だって、冷蔵庫の横の洗濯機の上に置いたりしている。
食器は多くて2組、だいたいは1組しかない。来ていただける人数は(私を入れて)4人が限度。それ以上の場合は、食器持参をお願いするしか無い(涙)

えーっと、友達はお招きしたいけど、皆がいる時は一緒におしゃべりしたい!というわけで、料理をしなくていい(?)のはお鍋しかないと思い、この冬、思い切って4~5人用の土鍋とカセットコンロを購入した。よい買い物だったな。

お鍋ばんざーい。簡単でおいしくて、しかも部屋まで暖まる。

この冬、4回、友人たちと鍋を囲んだ。一回目からお鍋は次のとおり。

比内鳥とキリタンポのお鍋
寄せ鍋(魚介)
おでん
博多風(鳥源)風水炊き
*これは、年末に名古屋のきささんご夫妻がいらした時に行った、西荻窪の「鳥源」の水炊きをまねたもの。
近所の鳥屋さんで100円で買った一羽分の鶏がらを3時間くらい煮込んだ白いスープでつくる。

この冬に10種類の鍋レパートリーに挑戦したいと思っている。とするとあと6種類。

そして、次にやりたいなと思っているのが「ピェンロー鍋」
中国風の”白菜と豚肉と鶏肉としいたけと春雨”のお鍋。
これは、前に読んだ妹尾河童が書いた「河童のスケッチブック」で見つけて以来ずっとやってみたいと思っている。
私の友人の友人(お会いしたことは無い)の食卓にも時々のぼるらしく、ブログに、毎回、毎回「美味しい、美味しい」と書かれている。

http://www.yui.or.jp/7jigen/club/penro1.html

うーん、やっぱり美味しそう~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »